☆『リビングの家具の置き方』で、素晴らしい気が舞い込みます!



例えば、

最近のマンションに、よくあるリビング。



ほぼ”中央”に 
リビングへの入り口があり、、。

カウンターキッチンがあって
ダイニングとリビングが、区切られていない間取りの場合。


☆この場合も、風水を上手く使って
ダイニングと、リビングを作ることが出来ます!!




このリビングの場合。

「財気位」が二つあります。

「入り口から見て」 → 「対角線上の奥」

が、

「財気位」です!

二つも財気位があって、”ラッキー♪”

って感じですが。。。


どちらかというと、この場合。

右側のリビング側の財気位の方が、
パワーが有ります。

なぜかというと、
入り口が少し、左側のほうにあり

リビング側の方の対角線の方が、”長い”からです。

入り口から、遠い方がいいんです。財気位はね。



では、この”財気位”を利用して・・・。

☆ダイニング
☆リビング

を作ってゆきましょう。

するとこんな風になります。

”財気位”に、

「ダイニング」
と、
「リビング」

が出来上がります。


(ダイニングテーブルは
今は縦に置いていますが、横に置いた方が良い場合もあります。)





☆ダイニングは
①が一番良い席です。(エネルギー的に落ち着く席という意味です☆)
②は二番目に良い席で。。
③は三番目に良い席です。

次に、④、⑤、⑥
となります。

普段座る場所として
①、②、③あたりが
良い席ですよ。

①、②の場所なんかは、
けっこう集中出来ちゃうと思います。


しかし、火×水のある”キッチン”が近いので
やはり、長時間はいずらい場所かもしれません。






☆次に、リビングです。

テレビの場所を見ると。。。「え?!」と思われるかも知れませんが。。

”財気位”に、人が座れるように配置したいと、私は思います。

財気位であり
壁に背を向け
入り口が見える状態。

これが最高に落ち着くんですよ☆!!!

さらに、”ダイニング”との 「仕切り」を作ると、

「食べるところ」
と、
「休むところ」(リビング)

の区別がつき、

さらに良いでしょう。

仕切りは、上の絵のように、ラティスでも良いですし、棚でもOK。
観葉植物もOKですよ。




☆さらにおまけの風水です。
このリビングの間取りの場合。

玄関から見ると、こうなっているとします。

玄関から、直線に廊下があり。。「リビングへ」

そして、窓があります。

となると。。


エネルギーが、直線で入ってきて、

直線で、落っこちちゃいます。

こういう場合は、エネルギーの流れを「止めて」
居心地の良い空間を、作ります☆


「直線的エネルギーを止めるとは・・?」

こんなイメージです。

「止」の場所に

「大きな植物」

「棚」

など置いて

エネルギーを、キャッチ☆して、


早すぎるエネルギーを「止めて」

居心地の良い場所を作りましょう。



もちろん、リビング入り口のドアも

閉めれば、

多少、早いエネルギーを止めることは、可能です。



エネルギーは

「ライン」で見ます。



よって、

間取りが、「直線」になっていることは

変えられないので


その分、風水でカバーします☆



鏡の風水を使って

「玄関」 → 「リビングの入り口」

までの、エネルギーを曲げることもできますね。



そうすると、”ダブル”で

エネルギーを曲げたり、止めたりして


リビングへ入り込むエネルギーを

”まろやか”にすることが、可能です☆
















ちょこっと風水TOPへ


天恵TOPへ